自然

ふるさと納税でお得に収めよう|好きな地域を選べる

メニュー

寄付をして名産品を貰おう

お札

少し難しいようなふるさと納税ですが、ワンストップ特例のおかげでかなり利用しやすい制度となりました。自己負担額2,000円で好きなものが貰えるのはうれしいですね。今まで納税意識が少なかった人たちもこれをいい機会に、納税について考えるといいかもしれません。

詳細を読む

うまく節税しましょう

お肉

ふるさと納税はこの制度を勉強し、自分の納税額や自己負担2,000円で済む寄付金の金額を把握している人にはお得な制度です。また、納税することでその地域の名産品がもらえることがあります。自分では購入できないような高級品や生活必需品が欲しい方は、気になる地方に納税してみるといいでしょう。

詳細を読む

税金の上手な節約方法

畑

ふるさと納税は二千円の自己負担だけで税制面での優遇措置が得られるばかりか数万円の特産品を受け取れるというメリットがあります。また給与所得者でも利用しやすいように確定申告の必要もなくなったので今後ふるさと納税の利用者は更に増えていき、嗜好を凝らしたより良い特産品を贈呈してくれることになると思われます。

詳細を読む

自治体に寄付をする

食材

税金を移転する

ふるさと納税は、それぞれの地方公共団体が、自分のところに寄付金を納めてくれた場合に、住民税を還付・控除されることを言います。実質的には、特定の地方公共団体に寄付金を納めると、2000円を超える部分の住民税が控除される仕組みと言えます。これによって、寄付金をもらった自治体は、その分だけ収入が増加することになります。また、住民が他の自治体に寄付金を渡した自治体は、寄付金の額から2000円を引いた分だけ収入が減ることになります。このことによって、税金が移転することになり、自治体間の税の格差を是正する効果があると言われています。実際に、大都市に住む住民が田舎にふるさと納税をすることが多く、大都市から地方都市に税金が移転します。

高価なお礼の品をもらう

ふるさと納税を行うことによって、税金の移転を行うことだけがメリットではありません。税金の移転だけであれば、納税者にとっては、どこの自治体に対して税金を納めてもメリットはありません。各自治体は、寄付金を行ってくれた人に対して、お礼の品を送るのが一般的になっています。ふるさと納税を行う人も、このお礼品目当てに納税する自治体を選ぶ人が増えています。高級牛肉や地元のお酒だけでなく、最近では家電製品などもお礼品として贈られることがあります。自治体にとっては、もともと寄付金はなかったような収入ですから、プラスマイナスゼロになれば十分です。しかも、場合によっては、寄付金額を超えるようなお礼品を贈ることによって、地域のPRを行っていることもあります。