寄付をして名産品を貰おう|ふるさと納税でうまく節税しましょう|好きな地域を選べる
女性

ふるさと納税でうまく節税しましょう|好きな地域を選べる

寄付をして名産品を貰おう

お札

寄付と所得税

皆さん寄付をしているでしょうか。赤十字や学校等たくさんの寄付先があります。その中で今話題なのがふるさと納税です。ふるさと納税という名前から、納税するというイメージを抱く方も多いかと思いますが、実は寄付の一種です。所得税からは寄付金控除、住民税からは寄付金税額控除を受けることができ、その結果、税金を加味すると自己負担額2,000円で寄付をすることができます。さらに、その寄付によって寄付先からいろいろなものを貰うことができます。そのため、その名産品などを目当てにたくさんの人がふるさと納税をするようになりました。申告納税制度という面を考えると、一般の方が納税を意識するようになるいい機会にもなると思います。また、ワンストップ特例というものもありますので、確定申告を普段しない人も5市町村以内の寄付であれば、確定申告をせずに控除を受けることができるところも魅力的です。

利用時の注意点

このようにいいところばかりに思えるふるさと納税にも注意点があります。まず、ワンストップ特例についてですが、6ヵ所以上の場合は使えないというところです。ワンストップ特例があるから確定申告しなくてよいと考えている人も、多くの市町村にふるさと納税をする予定であれば注意が必要です。また、金額の上限もあります。ふるさと納税の際に自己負担額が2,000円になるのは、あくまでも減税によって自己負担額が減少するためです。そのため、普段の納税額が少ない人は、納付税額より控除可能額の方が多くなる可能性額ありますので、その年の所得がある程度ある人でなければ自己負担額が2,000円より大きくなる可能税があるので注意が必要です。